【税理士試験】ならではのメリットが実はデメリットだった3つの真実とは?

税理士試験は他の国家試験とは、少し仕様が違います。
その仕様がメリットと伝えられているケースが多いのですが、よくよく考えてみると、それはデメリットではないかと考えられます。

今回は税理士試験のメリットと呼ばれるポイントは、実はデメリットだということをお伝えします。

1科目ずつ受かれば合格できると言うデメリット

公認会計士の試験などは、範囲が広すぎて、覚えることが多すぎます。なので難易度が高いと考えられてます。

いっぽう、税理士の試験は一気に全科目同時に合格する必要はなく、一つずつ着実に合格して行けばよいので、受けやすいと考えられています。

しかし、この仕組みがデメリットです。
1つずつ5年かけて合格しようと計画を立てる場合もあると思いますが、これはライバルもみんな同じです。
試験の評価が相対評価がゆえに、1つ1つの試験難易度がかなり上がります

なので、これをメリットとして計画を立てるとハマる可能性があるので、注意が必要です。

科目合格が死ぬまで有効というデメリット

税理士試験は科目合格したら、死ぬまで有効です。これはメリットのように思いますが、場合によってはデメリットです。


会計士の試験は、1次試験が受かっても2次試験が不合格だった場合、1次試験の合格は2年間しか有効ではありません。
つまり、2度続けて2次試験が不合格の場合は、1次試験からやり直しです。

いっぽう、税理士試験は科目合格をすると、その科目は死ぬまで有効です。

この制度のおかげで、もし試験勉強がうまくいかなくなってきた時に、やめるにやめれなくなります

試験勉強は合格のためにするものであるので、だらだらと勉強すると、かなりの時間ロスになります。

資格試験はある程度期限を設けてやらないと、ハマる可能性があるので、こちらも注意が必要です。

大学院に行けば2科目合格だけで資格を取れるというデメリット

大学院に行けば、5科目やらなくていいから、大学院に行きながら専門学校へ行こうと計画をたてる場合があります。
大学院に行くことは確かにメリットではありますが、この計画の立て方はデメリットになりえます。

なぜなら、一度も試験を受けていないからです。
税理士試験は高い難易度と独特な雰囲気がありますので、1年通した勉強と試験の雰囲気を味わうことなく大学院に行ってしまうと、そもそも合わない可能性があります。

大学院に行ったはいいけど、1科目も合格できないなんて状況に陥ることもあります。(そういう人に出会ったことがあります。)

こうなったら、高い授業料を払ったのにも関わらず、退くことができなくてハマる可能性があるので、注意が必要です。

まとめ

今回は税理士試験の受験におけるメリットとのうち、デメリットになりうるものを紹介しました。
今回紹介したものが、メリットだから、税理士試験を受けようと思うと、ハマる可能性があります。
慎重に考えて、計画的に受験をしましょう。

最新情報をチェックしよう!