【飲食料品編】えっ、これは消費税率8%なの?マニアックな軽減税率の個別論点10選。

2019年10月から消費税増税に伴う軽減税率の導入されます。

大枠の話は大体わかったけどこう言うケースはどうなの?というものがいくつかありますので、今回はそのような個別論点を紹介します。

実用的なものから特定の場合でしか該当しないような、かなりマニアックなものもあります。なので該当する方は覚えていただいて、該当しない方はへーそうなんだ感覚でご覧くださいw

今回は飲食料品に関わる軽減税率のお話です。

軽減税率に該当するもの

基本情報として軽減税率に該当するものは以下のものです。

飲食料品
新聞(週2回以上発行)

これらは軽減税率の8%です。

マニアックな軽減税率の個別論点

それでは個別論点をみていきます。

いろんなケースがごちゃごちゃと出てきますので、10%について赤色8%については緑色で表記します。

生きている牛や魚など

軽減税率か否かの判断は、人が飲用食用としていけるかどうかです。

生きている牛は10%です。なぜなら、販売時点では生きている牛は食べることができないからです。ここから加工して卸す際には食品になるので、8%での取引になるでしょう。

生きている魚は8%です。やったぜ、これで踊り食いもし放題です。

しかし当然、熱帯魚は食用でないので10%です。食さないで鑑賞してくださいね。

ペットフード

ペットフードは10%です。なぜなら、人が食べることを前提で作られているものではないからです。食用としている方がいたら諦めてください。

水や氷

水や氷は食用の場合は8%です。ネット通販で大量の水を購入しても8%になるのでご安心ください。

一方で、水道水は10%です。これは、飲み水のほか、お風呂や洗濯にも使われて、飲用と生活用とごちゃ混ぜになってるので、軽減税率はダメとされています。

いやいや、俺は水道水は飲み水にしか使わないんだ!と言っている方には朗報です。水道水をペットボトルに入れて、人の飲み物として販売する場合は8%です。それってどんな状況だ、、、

氷に関して言えば、ドライアイスや保冷用の氷は10%です。当然食べ物ではないですからね。間違っても食べないでくださいね。

ウォーターサーバー

ウォータサーバー自体は食べれないので、10%です。つまりレンタル料が10%になります。

一方で、サーバーにセットする水は飲用ですから、8%です。

お酒

こちらは基本論点ですが、お酒は10%です。なぜお酒が10%かというと、お酒自体が飲食料品から除外されているからです。

ちなみにお酒の定義は「アルコール分が1度以上の飲料」とされています。逆に言えば1度未満であればお酒じゃないのです。

みりんとみりん風調味料

みりんは10%です。なぜなら、みりんはお酒だからです。みりんもそのまま飲んだら酔っ払いますよ。

一方でみりん調味料は8%です。こちらは、みりんっぽい味付けにした調味料であって、アルコール分が1%未満だからです。

ちなみに余談ですが、みりんを店頭に置くには酒類の販売業免許をもっていないといけないので、みりん風調味料しかおいていないような、スーパーがあれば、そもそもビールとかも置いてないのです。

ノンアルコールビール・甘酒

ノンアルコールビールや甘酒は8%です。みりんでもお話ししましたが、これもアルコール分が1%未満だからです。

金箔

少しマイナーになってきましたが、お重とかにちらされてるあの金箔は8%です。なぜなら食用に使うから。

一方で、工芸用などに使う金箔は10%です。

重曹

重曹はいろいろな場面で活躍するものですが、こちらも食用と明記されているものは8%お掃除用などと明記されているものは10%です。

だったら食用を掃除に使った方が軽減税率使えていいんじゃないか、、、あ、食用の方がそもそも高いか。

オロナミンCとリポビタンD

どちらも同じように思われるかもしれませんが、これも大きな違いがあります。

オロナミンCは8%リポビタンDは10%です。これはオロナミンCは「清涼飲料水」でありますが、リポビタンDは「指定医薬部外品」に該当して飲食料品ではないからです。

まとめ

今回は消費税の軽減税率にかかる個別論点を紹介しました。

よく考えてみるとどちらか悩むこともあるので、参考にしてみてください。

最新情報をチェックしよう!