【勘定科目】仮払金ってなに?会計事務所に好まれて銀行と税務署に嫌われる理由とは。

会計事務所や経理の仕事をしていると避けては通れない、勘定科目。

今回は「仮払金」についてお伝えします。

仮払金ってなに?

仮払金とは読んで字のごとく、仮に払ったお金です。

一般的な使い方

○従業員の出張旅費として10,000縁を現金で渡した場合

借方 貸方
仮払金 10,000円 現金 10,000円

 

○出張の旅費7,000円を精算し、残金の3,000円を現金で受け取った場合

借方 貸方
旅費交通費 7,000円 仮払金 10,000円
現金 3,000円

○出張の旅費が14,000円かかったため、不足分4,000円を渡した場合

借方 貸方
旅費交通費 14,000円 仮払金 10,000円
現金 4,000円

 

上記のような使い方をして、決算までには仮払金を整理するように扱います。

会計事務所が好む理由とは?

会計事務所は仮払金を好む傾向にあります。なぜなら、とりあえずわからない場合は仮払金にするからです。

パートさんに入力してもらい、社員さんがチェックするという状の場合、

「仕訳をどうしていいか分からなかったら、とりあえず仮払金にしといてください!あとで私が確認して科目ふっときます!」

というながれはよくある話です。(チェックしたら結構仮払金多いな、、、wなんて話もあるある。)

これは会計事務所あるあるです。

当然決算の際には仮払金を消して、適切な科目にふりますので、表に出ることは少ないでしょう。

銀行が嫌う理由とは?

銀行は仮払金を嫌います。なぜなら、使途が明確でないからです。

会社で借りたお金が個人に流れている

仮払金は会計事務所にとっては便利ではありますが、外部からしてみると、不信感が募るだけなので利用は控えましょう。

税務署が嫌う理由とは?

税務署は仮払金をとても嫌います。なぜなら、使途が明確でないからです。

役員に対する給料

従業員に対する給料

役員に対する貸付

上記のような可能性を考えると、極力決算時には仮払金を残さないように処理をするべきです。

 

まとめ

今回は勘定科目の仮払金についてお伝えしました。

仮払金は便利な勘定科目ではありますが、最終的には決算書には載せるべきでない科目です。実際載せてしまうとそれだけで、外部の評価は落ちてしまいます。

なので、使う場面をしっかりと吟味して活用して行きましょう。

最新情報をチェックしよう!