MacのJISキーボードに慣れてもUSキーボードを違和感なく使う方法とは?

巷ではMacのUSキーボードがスタイリッシュでかっこいいから、そちらを使い始めているという方も結構多いです。

私はMacを買った当初からJISキーボードを使っていたので、あまり興味はなかったのですが、周りがUSキーボードばかり使っている人が多いので、ちょっと興味を持ってしまいましたw

そしていざ購入して使ってみたら、やけに使いにくかったのです。

そこで色々と設定をしてみたら、JISキーボードを使っていた時以上に使いやすくなりました。

今回はそんなキーボードのお話をお伝えします。

JISキーボードとUSキーボードの違いとは?

USキーボードとJISキーボードを並べてみました。

細かいところの違いはいくつかありますが、大きな違いはreturnの大きさとcontrolの場所の違いとかなの有無と考えます。

USキーボードが良いと思った理由は?

USキーボードが良いと思う点はスタイリッシュでかっこいいにつきます。

JISキーボードのように一つのキーに文字がいくつも入っていなく、AにはAとしか表記されていないのがきれいです。

見ていても気持ちいいです。

あとは、returnを右の小指で押しやすいという利点があります。

これは慣れてみると、確かに使いやすく、JISキーボードのように無駄に縦に長い必要はないと感じました。

USキーボードに慣れない理由は?

そして、一番使い勝手が悪いと感じたのが、controlの位置が大きく違うという点です。

私はカタカナや英数変換を

control + J.K.L.:

でやっています。

ちなみにwinでいうファンクションキー+数字みたいなやつですね。

mac win
ひらがな control + J F7
カタカナ control + K F8
全角英数字 control + L F9
半角英数字 control + : F10

これを考えると、ホームポジションから小指がcontrolキーまで遠く使いにくいということです。

 

違和感なく使える設定とは?

新しいのに慣れるというのも一つの手ではありますが、JISキーボードに慣れすぎた以上、この違いは結構効率が悪くなります。

なのでいい方法がないかを探しました。そしたら良い設定方法を見つけました!それをご紹介します。

システム環境設定のキーボードにて設定ができます。

ここで、Caps Lock と Control の位置を変更すれば、解決します。

またUSキーボードではかな英字の変換を Control + Space で行うので、これも左手の小指と親指でできてスムーズです。

まとめ

今回はJISキーボードに慣れていてもUSキーボードを違和感なく使える方法をお伝えしました。

初めUSキーボードを購入して失敗したなと思いましたが、設定でなんとでもなりました。

あとはメリットだけが残るので、本当にUSキーボードに変えてよかったなと思いました。

ぜひ皆さんもUSキーボードを検討されている場合は、参考にしてください。