ジャズピアノで覚えるべきコード構成は3種類だけで良い理由とは?

ジャズピアノをやる上で、コードを学ぶことは避けては通れません。

とはいえ、コードを学ぶにしても、膨大な量から覚えて実践しないと身につきません。ここで挫折する方も多いでしょう。

今回は、コードを覚える上で必要な構成についてお伝えします。

コード構成は3つ覚えれば良い

コードはCDEFGABと各♭や♯を含めると12音存在します。

今回の構成の話は、そのアルファベットの後ろに表記される部分についてです。

例えば、ジャズで有名な枯葉(Autumn leaves)の1-4小説目のコード進行は

C-7 F7 | B♭ E♭ | A-♭5 7 D7 | G   |

です。

ここでいう黄色マーカーがひかれている、アルファベットのあとの記号や数字です。

ここについて3パターン覚えれば、まずはよしというところです。その3パターンが、

○M7・○△
○m7・○-7
○7

となります。

○M7・○△

こちらは○メジャーセブンスと読みます。表記としてはMの代わりに△を用いることもあります。

これはスケールの1度を示します。

CのメジャースケールであればC△7ですね。

これはいわゆる安定の音です。

画像はC△7です。

○m7・○-7

こちらは○マイナーセブンスと読みます。表記としてはmの代わりに-を用いることもあります。

これはスケールの2度(もしくは3度か6度)を示します。

Cのメジャースケールであれば、D-7(もしくはE-7かA-7)です。

画像は、C-7を示しています。この場合はB♭のメジャースケールの2度になります。

○7

こちらは○セブンスと読みます。

これはスケールの5度を示します。

Cのメジャースケールであれば、G7ですね。ドミナントセブンスと呼ばれる不安定な音です。1度に解決したがります。

画像はC7を示しています。この場合はFのメジャースケールの5度となります。

表にまとめるとこうなります

3度 7度
M7・△7 + +
m7・−7
7 +

+はメジャー、-はマイナー(半音下げる)といったところです。

△7は3度(E・ミ)と7度(B・シ)がメジャーです。

-7は3度(E・ミ)と7度(B・シ)が上記と比較して半音下がってます。

7は3度(E・ミ)がメジャーで7度(B・シ)が半音下がってます。

仕組みとしては上記で説明した通りですが、C△7とC-7とC7は、同じCでも扱いが全く違うので、仲間と思わない方がいいです。

大事なのはコード進行で、D-7 G7 C△ といった、いわゆる2-5-1の流れを覚えることです。

その流れの中でこの3つのパターンが大部分を占めていることが多いので、仕組みを知っていると理解しやすいのではないかと思います。

 

ただもちろん、この3つ以外にも構成はあります。

枯葉の5つ目のコードがA-♭5 7ですので、今までの説明にでてこない作りのものです。

これはそこそこ出るコードではありますが、とりあえず、3つの構成でできていると思ってもまあよいです。

まとめ

今回はジャズピアノを覚える上で必要なコード構成の3つをお伝えしました。

これは覚えただけでは当然意味がないので、知識として身に付けたあとは、実践を積んで身体に染み込ませてください。