BUYMAにおすすめな会計ソフト3選。青色か白色かで使うソフトは違う?

BUYMAをしっかりやるとすぐに稼ぐことができるようになるので、いつのまにか確定申告をしなければならない時がきます。そうしたときに、そもそもどのように確定申告をしなければならないかすら分からないでしょう。確定申告をする際の最初の関門は会計ソフトを何にするかです。

今回は、BUYMAを事業としてやっている場合におすすめな会計ソフトをお伝えします。

BUYMAは会計ソフトが必要か?

BUYMAをどのような規模感でやるかによってきます。

もし、お小遣い程度でやる場合には、会計ソフトはいりません。この場合は「雑所得」という区分となるので、しっかりとした帳面をつける必要はないからです。

利益の部分さえわかれば良いので、普段の収支管理で使ってるエクセルで問題ないでしょう。

もし事業規模でやる場合には会計ソフトが必須となります。事業規模でやる場合には、会計税務独特の資料を作らなければなりません。(専門用語で仕訳帳や総勘定元帳という名前)これをエクセルで作るには手間がかかります。しかし会計ソフトを入れれば、お小遣い帳をつける感覚で、この辺りの資料が資料が出来上がるので、使った方が間違いなく時間コストを抑えられます。

ただし、事業規模でやる場合には、白色申告と青色申告で、これまた必要な資料が変わっていきます。なので、白色申告の場合と青色申告の場合でのおすすめな会計ソフトを紹介します。

白色申告の場合は?

白色申告の場合にはやよいの白色申告オンラインがおすすめです。

理由はたった一つで、無料だからです。

やよいの白色申告オンラインとは?

 

プランは3つありますが、フリープランで問題ありません。

ベーシックプランは操作サポートがついて年間8,000円(初年度4,000円)ですが、BUYMAを確定申告するレベルでやっている方々であれば、会計システムは少しさわればできるようになりますので、お金を払ってまでサポートをつける必要はないでしょう。

なのでやよいの白色申告オンラインのフリープラン一択です。

青色申告の場合は?

青色の申告の場合はいろいろと選択肢は増えますが、私がおすすめしたいのは2つです。

それは、MFクラウドfreeeです。

 

まずこの2つともBUYMAという事業の帳面をつけるために必要な機能が備わっています。

それは、web明細の連携です。

BUYMAのお金の流れは、預金、クレジットカード、PayPalの動きでほとんど完結するので、これらの情報を自動的に取り込む機能は事務作業の負担軽減には必須となります。

次にmacで使えるかどうか問題です。BUYMAのバイヤーはこぞってmacを使いますので(例に漏れず私もw)、macで動くことは必須となります。

これもどちらの会計システムも対応しているので問題ありません。

あとはサポート問題です。こちらも、メールやチャットによるサポートが完備されています。BUYMAのバイヤーはチャットワークを駆使するので、こちらも問題ないでしょう。

残る問題は、料金と使い勝手です。

これらは違うので比較していきましょう。

 

ちなみにやよいの青色申告はオススメしません。なぜなら使い勝手が2つに比べてあまりよろしくないからです。

白色申告で使うのは無料だから使うだけです。

MFクラウドとは?

 

MFクラウドは一番安いプランでも、月額1,280円です。年払いにすれば1ヶ月あたり980円になります。青色申告するなら、どちらにしても1年利用する必要があるので、年払い契約にすると良いでしょう。

 

freeeとは?

freeeは一番安いプランで月額980円です。年払いすると2ヶ月分無料となるので、実質1ヶ月あたり816円です。

 

結局どっち使う?

MFクラウド・freee比較 マネーフォワードクラウド
freee
月額料金(安価なプラン) 1,280円(パーソナルライト)
980円(上記年払い)
980円(スターター)
816円(上記年払い)
簿記の知識 少し必要 特にいらない

 

基本的にはBUYMAをやる分には、どちらの会計ソフトを使うにしろ、一番安いプランで問題ありません

金額は、freeeの方が若干安いです。MFクラウドは2019年の夏に価格改定されて高くなりました。この流れでfreeeも値上がりする可能性があるので、一概にfreeeが安いから良いとも言い難いです。

使い勝手については、簿記の知識の有無によって変わってきます。

freeeは経理等の知識がなくてもできるように作られているので、初めてやられる方にはよいでしょう。しかし知識がある方だと逆に使いにくく感じます。

一方でMFクラウドは、簿記の知識があると使いやすいので、簿記の知識や経験が0ではない方はMFクラウドをおすすめします。

ただ個人的にオススメしているのはMFクラウドです。実際簿記なんかやったことないって言ってる方でも、MFクラウド1年使ってみたらできるようになってるんで、長い目でみたら知識の差は変わらないのかと感じます。

さらにバイヤー御用達のチャットワークも会社の経理でMFクラウドを導入しているので、何か通じるものもあるんじゃないかと思います。

まとめ

今回はBUYMAにオススメな会計ソフトをお伝えしました。

稼ぐようになってきたら基本的には会計ソフトは必須となるので、その際に迷わずにすむよう準備できると良いです。