【BUYMA確定申告】自宅で作業をしてるけど家賃は経費になるの?事務所は借りた方がよい?

BUYMAは自宅で簡単に始めることのできるビジネスです。ある程度稼いで確定申告をしなければならないと思った時、自宅にかかる支払いって経費になるのだろうかという疑問が出てきます。今回はそのような家賃などについてお伝えします。

自宅でBUYMAをする場合のスペースについて

自宅で作業をする際は、PCを使った作業か梱包作業が主になります。あとは在庫を持つような事業形態になれば、それを保管する場所が必要となるでしょう。作業するための部屋を設けている方もいれば、PCをもって自宅の色々な場所で作業される方もいるでしょう。いろいろ加味すると、1部屋あれば十分な形となります。

賃貸に住んでいる場合

賃貸に住んでいると家賃が発生します。その家賃は一部経費にすることができます。どれだけ経費にできるかというと、上記で説明した、全体に占める1部屋分のスペース分を経費にすることができます。

その算出方法の中で王道の方法は、1部屋分の面積を全体の面積で按分する方法です。

例えば60㎡の住まいで、15㎡の部屋を使ってるとしたら、家賃の25%を経費にすることができます。100,000円の家賃であれば25,000円を経費にすることができますね。年間だと300,000円経費にすることができますので、とても効果があると言えます。

会計処理の仕方は?

家賃は毎月は預金から引き落としされることが一般的です。その場合は、MFクラウドやfreeeであれば連携できますので、日々の仕訳としてはそのまま引き落とし額を地代家賃として計上すれば良いです。

 

借方 貸方
地代家賃 100,000円 普通預金 100,000円

 

このままでは、経費にしすぎなので、確定申告をする際に事業に使った分だけを経費にします。仕訳的には、プライベートの分を差し引くイメージです。

借方 貸方
事業主貸 75,000円 地代家賃 75,000円

 

こうすることによって、家賃のうち25,000円を経費にすることができました。

この事業主貸というものは、事業のお金をプライベート利用した場合に使う勘定科目です。個人事業主さんにとっては大変お世話になる勘定科目です。

分譲に住んでいる場合

お家を買った場合には家賃の支払いがありませんので、経費にすることができません。場合によってはお家の所有にかかる費用が一部経費になる可能性もあります。

しかし、大多数の方はお家を購入する際、住宅ローン控除の適用を受けます。この住宅ローン控除は、ざっくり言うとそこに居住用として住むことを前提にうけられる規定です。なので、事業用に使うことはできませんし、事業としての経費に算入させることもできません。

旦那さんが所有している家を奥さんが間借りした場合

BUYMAは主婦の方がやられているケースも多くあります。旦那さん所有のお家で奥さんが作業する場面は多々あります。

この場合も分譲の場合は住宅ローン控除を受けている場合は同様に、事業として使えないので旦那さんが奥さんに部屋を貸して経費化するなんてことはできません。

しかし、住宅ローン控除が終わった場合であればできます。ただ、よほどのことでない限り、しない方が税金的にはお得でしょう。する場合は、奥さんは家賃を一部経費にすることができる代わりに、旦那さんが不動産所得の申告をしなければならなくなるので、あまり意味ないどころか逆にたくさん税金を納める可能性もあります。

事務所を借りた場合

事業をするために、もしくは在庫を置くためなどで住まいとは別に事務所を借りた場合には、その家賃は全額経費になります。

事業をしていなければ借りる必要がない場所ですし、わざわざ支払うものとなるので、すべて経費なります。

まとめ

今回は家賃を経費の仕方をお伝えしました。

BUYMAは自宅で簡単に始めることのできるビジネスのため、わざわざ事務所を借りる必要もなく経費があまりかからないことが多いです。

そんな中少しでも経費にできるものがあればしたいものです。家賃はできるケースとできないケースがありますので、経費化する際は慎重に処理しましょう。

最新情報をチェックしよう!