【BUYMA確定申告】確定申告はいつからしなければならない?した方が良い場合はある?

BUYMAはしっかりと活動していれば、すぐに稼ぐことのできるビジネスです。そうであるがゆえに、自分が確定申告をしなければならないなんて思いもしないことはよくあります。

今回は、BUYMAを初めて確定申告ってしないといけないかなあと考える方のためにお伝えします。それぞれの要件を細かくいうと、他の要件も存在しますが、今回はBUYMAに限って可能性が高いものを紹介いたします。

確定申告をしなければいけないケース

まずは確定申告をしなければいけないケースをご紹介します。

BUYMAを副業として年間20万円を超える利益がある場合

会社勤めなど本業で給料をもらっていて、副業でBUYMAをやられている方はBUYMAの利益が20万を超える場合に確定申告が必要です。

アルバイトやパートで給料をもらって副業でBUYMAというパターンも同様です。

BUYMAで月2万円程度利益が出ていると該当します。

BUYMAを本業として年間38万円を超える利益がある場合

パートなどの収入がなくBUYMAからの収入しかない場合、つまり本業としてBUYMAの利益が38万円を超える場合には確定申告が必要です。

初年度で該当しやすいパターンは、扶養で活動されている主婦の方などが可能性があります。

BUYMAで言えば月32,000円程度利益が出る方が該当します。

確定申告をしなくて良いケース

次は確定申告をしなくて良いケースをお伝えします。基本的には上記の逆です。

BUYMAを副業として年間20万円以下の利益の場合

BUYMAの利益が20万以下であれば、確定申告不要です。
まだBUYMAを始めたばっかりですとか、月に1.5万円くらいの利益の場合であれば、確定申告は不要です。

BUYMAを本業として年間38万円以下の利益の場合

BUYMAを本業として年間38万円以下の利益であれば確定申告不要です。
月3万円の利益くらいであれば、主婦の方などは確定申告しなくて良いです。
さらにこの場合は旦那さんの扶養に入れるので、心配いりません。

ヤフオクやメルカリなどにご自身の不用品を売る場合

BUYMAをやる傍ら、ヤフオクやメルカリなど同時にやられる方もみえると思います。この場合で、不用品を売る場合には確定申告の対象になりません。例えば副業の方で言えばBUYMAで15万円利益がでて、不用品販売で20万円利益がでたとしても、それは確定申告の対象にならないということです。

一方でBUYMAで販売するために仕入れたものをヤフオクやメルカリで販売する場合には、確定申告の対象になりますのでご注意ください。

確定申告をした方が良いケース

次は確定申告をしなくても問題はないけれど、した方がお得になるケースをお伝えします。

BUYMAを副業として赤字がでた場合

例えば売上より仕入などの費用が多い場合赤字になります。
そういうのが合計され、最終的にマイナスになると、赤字で申告することとなります。
この場合、副業などの場合ですと、給料の収入と合算ができます。
そうすると、結果総額では、収入が少ないこととなるので、税金が少なくなります。

イメージは以下の通りです。

(税率は10%)
給料 100万 税金10万
事業 -20万
合計 80万 税金8万
差額の2万円が還ってくる!

しかし、仕入れて売る流れの中で赤字になってまで事業をやるべきではないですが、その他経費を含めるとBUYMAで稼いだ利益よりも少なく申告できる可能性はあります。
場合によっては、これで赤字で申告できる場合もあります。

ただしこちらは事業規模でやっていることが前提となりますので、赤字にするためだけに小規模でBUYMAをやるというのはやめた方が良いです。

税務署に否認される事項です。

病院や薬をたくさん利用する場合

いわゆる「医療費控除」というものを利用する場合には、確定申告が必要です。

医療費控除は、年間10万円以上、通院などをした場合に、それを超えた分だけ、一部還付を受けられるというものです。

また数年前に新たに、「セルフメディケーション税制」というものが創設されました。これが創設された意図は、「通院せずに治せる病気は自分で治そう」的な感じです。

なので、通院した治療費等は加えることができませんが、薬局などで購入したお薬の金額が年間12,000円を超えると、超えた薬代の額の一部が税金が戻って来ます。

イメージとしては以下の通りです。

年間のお薬代20,000円
20,000円 - 12,000円 = 8,000円
8,000円 × 税率10% = 800円

800円がお得になるわけですね。

BUYMAで活動する年齢層の方々ですと、若い方が多いので年間10万円も通院することはよっぽどでない限りないとは思いますが、年間12,000円のお薬代であれば可能性はあるかと思います。

どちらにしてもBUYMAで稼いだら確定申告するので、ついでにやってみるのもありです。ちなみに家族が購入したお薬も加えて良いので、より可能性が高まります。

まとめ

今回はBUYMAで活動している場合に確定申告をするタイミング等をお伝えしました。

BUYMAは活動していれば徐々に利益が出てくるようになりますので、利益がでてきたらご自身の状況を把握しながら忘れずに確定申告をするようにしましょう。