【BUYMA確定申告】会計を楽にする方法は?マネーフォワードクラウドの使い方と連携

BUYMAを事業としてやっていく上で必要なことの一つとして、会計帳簿を作らなければならないということです。

税理士などにお願いせず作成するとなると、なかなか面倒ですし、初めてやるとなると、よくわからないです。

大事なことではありますが、売上を生み出すわけでもなく、でもやらなければならいことなので、億劫になります。

であれば、少しでも楽になればストレスも軽減されます。

今回はBUYMAにおいて会計を楽にする方法をお伝えします。

会計ソフトを使う

当たり前の話ですが、会計の資料を作る場合は会計ソフトが必須です。

それに限らず青色申告にする場合などは必ず必要となってきます。

オススメはマネーフォワードクラウドです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

関連記事

BUYMAをしっかりやるとすぐに稼ぐことができるようになるので、いつのまにか確定申告をしなければならない時がきます。そうしたときに、そもそもどのように確定申告をしなければならないかすら分からないでしょう。確定申告をする際の最初の関門は会計ソ[…]

現金取引をなくす

会計の手間を省くのに一番手っ取り早いのは、現金取引をなくすことです。

会計ソフトも進歩して、預金やクレカのように連携ができるものについては、今まで以上に楽になってきましたが、現金取引だけは楽にしにくいです。

レシートの写真を撮って、登録することができるものもありますが、やり直しがあったりと、やはり手間がかかります。結局直接入力することとなったら、今までの会計ソフトに対しての入力と変わりありません。

だとしたら、いっそのこと現金取引をしなければ楽になるです。

キャッシュレスの時代になってきましたので、よほど昔ながらのお店ですとか、資金繰りや安売りのために現金販売のみを徹底しているところでない限りは、現金以外の決済も可能です。そちらに移行することによって、会計入力が楽になっていきます。

それでも現金取引があるとするなら、飲食費の折半ぐらいしかないと思います。

しかたないものは良いので、極力現金取引は少なくしましょう。

何を連携する?

マネーフォワードクラウドのように、クラウド型の会計ソフトを使うと、取引を連携させて、読み込ませることができます。

そうすると、今までのように仕訳をする必要がなく、取引の確認をして勘定科目を選べばおしまいです。このような設定ができれば、会計の時短が確立されます。

ではBUYMAではどのようなものを連携すればよいでしょうか?

 

BUYMAにおいて連携すべきものは以下のものです。

○預金
○クレジットカード
○PayPal

BUYMAを活動するにあたってはこの3つでほとんどの取引を完了させることができます。

預金に関しては、エニグモの入金カードの支払い、そして生活費の資金移動くらいですね。人によっては外注費の支払いなども発生します。

クレジットカードについては、基本は仕入があって、そのほかの消耗品なども支払いがあるでしょう。

PayPalについては、キャッシュバックによる入金キャッシュバックの分で仕入をしたりするでしょう。

その他の支払いについては預金やクレカなどいろんなパターンがあります。つまり現金以外の支払いにすれば楽できるということです。

ただし、BUYMAは仕様上、仕入枠の確保のためクレカの登録が多くなります。なので、楽するためにも、カードによって用途を区分すると良いです。

まとめ

今回は会計を楽にする方法をお伝えしました。

慣れないことなのでとても手間がかかりがちですが、工夫をすれば案外楽にすることができます。

税理士にお願いすれば、このような仕組みを教えてくれるところもあれば、レシートなどを全部渡して帳簿を作ってくれるところもあります。

あなたの収入と照らし合わせて、稼いだお金で時間を買うと良いでしょう。