ジャズ奏者こそAirpods proを買うべき。耳コピが捗るメリットとは?

イヤホン界に革命をもたらしたAirpods pro(エアーポッズプロ)ですが、今ジャズを学んでいる方、特に学生さんにはぜひ購入していただきたいと思っています。

私が学生時代にこんな便利なイヤホンが存在していたら、とてもよかったなあとつくづく思います。

それでは今回はジャズ奏者こそAirpods Proを購入した方が良いメリットをお伝えします。

一般的に言われるAirpods Proのメリットとは?

ここで一般的に言われるAirpods Proのメリットをお伝えします。

○ノイズキャンセリング機能搭載
○外部音取り込み機能搭載

そして上記に加え、私が思うメリットはこちらです。

○デザインがかっこいい
○カナル式
○iPhoneとの相性が良すぎる
○ワイヤレス充電

この辺りは、他のレビューを見ても大体記載されていることですし、私自身もそう思います。これだけでも買いですが、ジャズ奏者にとってはさらに良いメリットがあります。

上記のメリットの中でジャズ奏者にとって一番のメリットは、外部音取り込み機能です。

ジャズ奏者にとってのメリットとは?

上記であげたように、外部音取り込み機能です。

そして、ワイヤレスイヤホンの中ではイヤホン自体の大きさが小さいです。

この二つが備わっていると、Airpods Proを装着した上からヘッドホンを装着できるのです。

そのようなことができると、奏者にとってはいろいろとやれる幅が広がるのです。

それらをご紹介します。

耳コピをしやすい

耳コピがものすごくやりやすくなります。

私の場合は音感がないので、イヤホンで音源を行ったり来たりしないとわかりません。

音源が入っているiPhoneとAirpods Proをつなげます。

そして、楽器(私の場合シンセサイザー)につながったヘッドホンを装着します。

普通カナル式の場合は、そこそこの遮音性のおかげで、ヘッドホンから流れる音が聴こえづらく、楽器側の音量をあげがちです。しかし、外部音取り込み機能のおかげで、普通の音量で演奏することができます。

iReal Proも楽々

ジャズ奏者御用達のiReal Proですが、ここでもAirpods Proが活躍します。

とても装着しやすい状況下で、iReal Proのマイナスワンをすれば、いくらでも練習ができるわけです。

これは本当に楽でおすすめですよ!

まとめ

今回は、ジャズ奏者こそAirpods Proを買うべきメリットをお伝えしました。

昔は、BOSEのワイヤレスイヤホンを使っていました。これが結構な大きさなので、この上からヘッドホンを装着することができませんでした。

なので耳コピをするときは、有線のイヤホンでやってました。これもカナル式だったので、なかなか聴こえづらかったです。

それをAirpods Proはすべて解消した最高のイヤホンでした。

ぜひジャズ奏者、ジャズに限らず音楽を練習しているみなさんは、Airpods Proを買うことをおすすめします。